BLEソリューション(チップ・SoC) 比較表

Bluetooth製品の開発において
最初の分岐点は「どのソリューションで開発するか?」になります。
ここでの精査が短絡的(例えば開発経験があるからだけの理由等)に進めてしまうと、
以降の自社の開発ロードマップに柔軟に対応できなくなるケースも発生します。

続きを読む “BLEソリューション(チップ・SoC) 比較表”

Nordic nRF51822 UART service solution(Module: MDBT40)について

NUS(Nordic UART Service)で知られるUARTサービスアプリケーションは
最もよく使用され、簡単にBLEモジュールをIoTに実装するファームウェアです。
Classic Bluetoothをよく知る人でしたらSPPサービスと呼んでいるかもしれません。

RaytacのMDBT40(nRF51822 SoCモジュール)でも多くの開発者様に使用されております。

 

NUS

Nordicが提供するnRF5x SDKに含まれるサービスの一つで
シリアル通信をエミュレートするサンプルファームウェアです。
*BLEサービスについては下記リンク先が参考になります。

「BLE Service, a beginner ‘s tutorials」@Nordic developer zone 続きを読む “Nordic nRF51822 UART service solution(Module: MDBT40)について”

nRF52840モジュール開発します

RaytacではBluetooth 5に対応したNordicの次期SoC nRF52840を搭載した
BLEモジュールの開発準備を進めています。


MDBT50シリーズ(nRF52840 SoCベース)としての量産予定は
Nordicのスケジュールが確定した後にアナウンスします。

またMDBT50はMDBT40シリーズと同様に、多様なプロファイルをベースに
Bluetooth ロゴ認証(DID)を取得し、各国の電波安全利用認証関係も幅広く取得予定です。

続きを読む “nRF52840モジュール開発します”

Nordic SoftDeviceとは?

SoftDeviceとはNordicが提供しているnRF5xシリーズ向けのプロトコルスタックで、
Binary形式で提供されています。

NordicのnRF5xシリーズのSoCはアプリケーションプログラムとプロトコルスタックが
分離されており、アプリの修正・変更等の影響を受けずに開発することが出来ます。

続きを読む “Nordic SoftDeviceとは?”

FCC Part 15について

日本の電波法による技適マーク同様に、
アメリカにもFCC(連邦通信委員会)による電波に関する規制があります。

今回はBluetooth製品を北米で販売を検討される方向けに
FCCの特にPart 15について概要を説明します。

*法規制関係は変更が有る可能性があります。
最新の情報は公的機関及び認証機関に御確認下さい。
本ブログ記事はあくまでも参照程度に。

続きを読む “FCC Part 15について”