Bluetoothロゴ認証においてのCo-BrandとWhite Labelingについて

SIGの規格によると、すべての「ブランド」は固有のDeclaration ID(DID)を
個々の製品に必要としています。

*ロゴ認証については過去記事参照
『「Bluetoothロゴ認証」って?』
『Bluetooth SIG認証プロセスを解説』

 

ここで良くお客様から問い合わせのある2つの事例
”Co-Brand” (共同ブランド)
”White Labeling”(相手先ブランドでの提供≒OEM)
について、SIGからの回答を引用して解説します。
続きを読む “Bluetoothロゴ認証においてのCo-BrandとWhite Labelingについて”

Bluetooth 製品開発のStep by Step

Bluetoothは業界標準ですが、既に無数の対応デバイスが存在し、
Bluetooth SIGにおいても開発者が容易に市場投入できるように
様々なサポートがあります。

今回はBluetooth製品に馴染みがない開発者向けに
製品を市場に投入するまでのステップを確認したいと思います。

続きを読む “Bluetooth 製品開発のStep by Step”

海外無線端末持ち込みによる電波の利用について

日本国内で電波を利用する場合は、
技適マークがついている製品を利用しないと電波法違反と成り得る可能性がありますが、
海外から持ち込まれる無線端末も例外ではありません(でした。)
giteki mark

*無線端末例)スマホ・タブレット・ノートパソコン・携帯ゲーム機・Bluetoothヘッドセット等

続きを読む “海外無線端末持ち込みによる電波の利用について”

Bluetooth SIG認証プロセスを解説

Bluetoothのロゴを使用するにあたっての認証プロセス(Qualification/Listing/Bluetooth Certificated/Declaration等々様々な呼び名がありますが…)は、やはり分かりにくい!
そんなお話をよく聞きますので、再度今回は紹介したいと思います。
続きを読む “Bluetooth SIG認証プロセスを解説”

Bluetoothのブランド商標(ロゴ)  使用上の注意

Bluetoothの商標ライセンスはBluetooth SIGメンバーのみに許諾されています。
また商標は認定プロセスと申告プロセス(総称してBluetoothコンプライアンスプログラム)を
経た製品にのみ使用することが出来ます。

以下は使用する際の注意事項をまとめたものです。
続きを読む “Bluetoothのブランド商標(ロゴ)  使用上の注意”

Bluetooth SIG認証 FAQ (旧EPLsについて)

2014年2月1日よりBluetooth SIGのロゴ認証の制度がかわり、
正直良く分からなくなった(複雑になった)という声が良く聞こえます。

今回は旧EPLsの取り扱いについてよくある質問に対してのSIGの回答を見てみましょう。
続きを読む “Bluetooth SIG認証 FAQ (旧EPLsについて)”