Raytac MDBT40シリーズモジュール BT4.2にてBluetooth ロゴ認証取得


Bluetoothコア仕様のBluetooth4.1の仕様廃止(2020年7月1日)のアナウンスを受け、
Raytacは今回、関連のあるBluetooth4.1モジュールであるMDBT40シリーズ(nRF51822)を
新たにBluetooth4.2としてDIDを取得しましたのでご連絡いたします。

MDBT40シリーズはSIGへの登録DID「D023258」をBluetooth4.1として登録しておりましたが、
別記事に記載の通り、2020年7月1日以降はBluetooth4.1として使用できなくなります。
それに対応するため、この度Bluetooth4.2として新たなDIDを取得いたしました。
(2020年7月1日まではBluetooth4.1として登録することは可能です)

今回登録したDID「D042310」はBluetooth4.2として
MDBT40/MDBT40-P(Nordic nRF51xxx SoC)が利用できるようになります。
もちろんGPIO, UART, SPI, I2C, ADCインターフェースに対応しており、
各国の電波安全認証(FCC/IC/技適/CE/KC/SRRC/NCC/ANATEL/RCM)も同様に使用できます。

登録しているプロファイルも継続して、
Proximity Profile; Heart Rate Profile; Health Thermometer Profile;
Blood Pressure Profile; Running Speed & Cadence Profile; HID Over GATT Profile;
Alert Notification Profile; Glucose Profile; Cycling Speed & Cadence Profile ;
Mesh Profileの利用が可能です。

これからもRaytacはお客様に安心して使用して頂けるように
引き続き対応していきますので、宜しくお願いします。

■関連記事
「Bluetooth コア仕様4.1廃止予定」
「Bluetooth コア仕様4.0 / 4.1仕様廃止に伴うユーザー様での注意点」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です