OTA DFUって?


OTA DFUとは、
「OverTheAir DeviceFirmwareUpdate/Upgrade)の略で、
無線通信によるデバイスのファームウェアアップグレードのことです。

要は製品リリース後にも無線通信を利用し、
アプリケーション・ソフトウェアとSoftDeviceのいずれも
フィールドでアップデートすることを可能にしているということですね。

RaytacのBLEモジュールはNordicのnRF51822ソリューションベースで作られていますので、
このOTA DFUにも対応しています。
*但しRAMは32KBを推奨しています。

 

下記は参照用としてNordicのSoftDeviceのバージョン表です。
OTA DFU対応はバージョン7・8になります。
*RaytacのBLEモジュールはnRF51のRev#3を搭載しています。
Nordic IC Version VS SDK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です