nRF52840搭載 USBドングルタイプにAT Command版が追加


こちらも御連絡遅れています。

 

2019年2月頃よりRaytacから発表された新商品MDBT50Q-RX(nRF52840 SoC搭載USBドングルタイプ)ですが、当初よりお問い合わせが多く開発者様の関心の高さが伺えます。

 

この度、上記MDBT50Q-RXにAT-Command制御のタイプが新しく追加されましたのでご紹介いたします。(すでに出荷されています!)

 

MDBT50Q-RX-ATMのコマンドテーブルは下記です。

List of supported commands

  • Setting of scanned device name
  • Setting of scanned base UUID/service UUID/TX character/RX character
  • Setting of scanned RSSI threshold
  • Selective data rate of 1M bps, 2M bps or 125K bps on-air
  • Set TX output power in 6 levels.
  • Set scanning time
  • Enable/disable scanning
  • Set LED pattern indicating scanning or connecting status
  • Auto UART baud rates
  • Use external 32.768KHz oscillator
  • Recover-to-default setting with software method
  • System reset of software
  • Set serial number and retrieve
  • Retrieve MAC Address
  • Support maximum MTU 247bytes / data payload up to maximum 244 bytes

 

RaytacのAT command制御のFW搭載BLEモジュール及びUSBドングルタイプは全てUART(NUS. ClassicではSPP)ベースとなっています。

また、MDBT50Q-RX-ATMはPCへの接続、またはMaster / Central デバイスへの接続が想定されております。

 

より詳しい情報は仕様書を参照ください。

MDBT50Q-RX-ATM仕様書リンク

 

御見積の御依頼はコチラ

製品に関してのお問い合わせはコチラ より。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください