Nordic SoftDeviceとは?


SoftDeviceとはNordicが提供しているnRF5xシリーズ向けのプロトコルスタックで、
Binary形式で提供されています。

NordicのnRF5xシリーズのSoCはアプリケーションプログラムとプロトコルスタックが
分離されており、アプリの修正・変更等の影響を受けずに開発することが出来ます。

□SoftDevice種類
nRF51用(Raytac MDBT40シリーズ)はS110,S120,S130と3種類提供されています。

・S110はPeripheral専用

・S120はCentral/Peripheral両用で、Centralでは8つの同時接続をサポートし、
Peripheralでは同時にBroadcasterとしても機能します。

・S130はCentralとPeripheralの同時利用をサポートし、
Centralでは3つ、Peripheralでは1つの接続で動作します。
また、ObserverとBroadcasterどちらにもなれることが出来ます。

*他、ANT/ANT+用のS330や
RF52用(Raytac BLE module MDBT42シリーズ)のS132、S212、S332等があります。

 

□SoftDevice入手先(nRF51822用)
https://www.nordicsemi.com/eng/Products/Bluetooth-low-energy/nRF51822#softdevice

 

□SoftDevice対応表(nRF51用)

 

開発アプリケーションの必要に応じて
それぞれのSoftDeviceを書き込む必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です