Nordic nRF52840 モジュール 開発ボード提供開始


Nordic nRF52840を搭載したRaytac BT5モジュールは現在各国の電波安全認証の手配中で
一部サンプルの出荷を行っておりますが、
この度、開発ボードのご用意が出来ましたので御連絡いたします。


開発ボード(型式:MDBT50Q-DB)は
Nordicの最新のSoC nRF52840を搭載したRaytacのMDBT50Q-1Mを搭載しており
GPIO 48pinとなっております。

RaytacのMDBT50QとMDBT50Q-PはBT5スタックをサポートしており、
インターフェースはGPIO, SPI, UART,I2C, I2S, PMD, PWM, ADC, NFC, USBとなります。

■特徴
BT5に対応したチップアンテナモジュールを搭載
サイズは10.5 x 15.5 x 2.2 mm
Bluetoothロゴ認証済み(完成品に組み込み後、御社購入DIDにRaytacのQDIDが使用できます)
各国電波認証は9月に取得完了予定
(FCC/IC/CE/Telec/KC/SRRC/NCC)

■仕様概要
・32-bit ARM® Cortex™ M4F CPU
・Supply: 1.7V – 5.5V
・Flexible and configurable 48 GPIO
・Bluetooth 5, IEEE 802.15.4, 2.4 GHz transceiver
  -95dBm sensitivity in 1Mbps Bluetooth low energy (BLE) mode
  -103dBm sensitivity in 125Kbps BLE mode (long range)
  +8 dBm TX power (down to -20 dBm in 4 dB steps)
 On-air compatible with nRF52, nRF51, nRF24L and nRF24AP Series
 Programmable output power from +8dBm to -20dB
 RSSI (1dB resolution)‧Supported data rates:
・Bluetooth 5: 2Mbps, 1 Mbps, 500 kbps, 125 kbps
・IEEE 802.15.4-2006: 250 kbps
・Proprietary 2.4 GHz: 2 Mbps, 1 Mbps
・Advanced on-chip interfaces
 USB 2.0 full speed (12Mbps) controller
 QSPI 32MHz interface
 High speed 32MHz SPI
 Type 2 near field communication (NFC-A) tag with wake-on field‧Programmable peripheral interconnect (PPI)
 EasyDMA automated data transfer without CPU processing on peripherals‧12 bit, 200ksps ADC – 8 configurable channels with programmable gain
 4 x 4 channel pulse width modulator (PWM)units with EasyDMA
 Audio peripherals : I2S, digital microphone interface (PDM)
 5 X 32-bit timers with counter mode
 Up to 4 x SPI masters / 3 x SPI slaves with EasyDMA
 Up to 2 x I2C compatible 2-wire masters / slaves
 2 x UART(CTS/RTS) with EasyDMA
 Quadrature decoder (QDEC)
 3 x 24-bit real-time counters (RTC)
・Operating Temp: -40°C to +85°C

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です