MDBT42シリーズ 各国認証取得状況


NordicのnRF52832 SoCを使用したRaytacの新しいMDBT42シリーズは
他のシリーズ同様に各国の電波関係の認証取得がされました。
(同様のnRF52832を使用したMDBT42Qシリーズ(QFNパッケージ版)は既に量産済みです)

□取得状況
Telec(日本): 201-170035
FCC (USA) : SH6MDBT42
IC (Canada): 8017A-MDBT42
KC (Korea): MSIP-CRM-ryt-MDBT42
SRRC (China): 2017DJ0350
NCC (Taiwan) CCAM16LP1970T2 (MDBT42) / CCAM16LP1971T4 (MDBT42-P)
CE: R&TTE EN300328 V1.9.1 テスト済み
*CEは完成品においてEMCの試験がお客様にて必要になります。
(FCCのPart 15B(EMC)と同時に試験が可能です。)

上記各市場へのアプローチも検討されている場合は、
既にRaytacにて取得済みですので、コスト削減に寄与できるかと思います。

旧正月明け以降、2月下旬~3月上旬頃には
上記各国認証関係の製品本体への表示義務があるもの(電波法 技適マークも同様)において
他のシリーズ同様、モジュールのシールドケースに刻印された表示で
出荷が開始される見込みとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です