LINEの新サービスIoTプラットフォーム「LINE Things」


昨年のIFAで初めてお披露目された「LINE things」はLINEで自在にIoTデバイスを操るプラットフォームです。

今回LINE thingsのHackathonやHands onのイベントなどで使用されるデモボードにRaytacのモジュールを採用して頂きました。

LINE thingsは馴染みのあるLINEアプリをインターフェースとして、スマホをハブとすることで各種IoTデバイスを一括管理し、操作できるようにするプラットフォームで現在Developer TrialをGitHub上で提供しています。

多くのユーザーを獲得しているLINEがメーカーのハードウェア開発をサポートすることでIoTがより身近に感じることができる仕掛けです。

今回はデモボードでの採用ですが、皆さんがLINE thingsでのハードウェア開発を展開する際には是非、LINE thingsで実績のあるRaytacのBLEモジュールを検討してください。

また本記事投稿の明日(2019年4月10日)より開催されるIT weekに出展となります。ぜひブースにお立ち寄りください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください