Bluetooth Mesh 発表


Bluetooth SIGは2017年7月18日(米国時間)に
メッシュネットワークをサポートする「Bluetooth Mesh」を発表しました。


メッシュとは前回記事(「ネットワークトポロジとは?」)で紹介したトポロジの一種で、
今迄のBluetoothが主に形成していた「ポイント ツー ポイント」ではなく、
多数のデバイスが相互に接続することで形成するネットワークです。
特にルーターやハブを経由しない構成であるため、
1つのデバイスで不具合が生じても別の経路が確保されているため
障害耐性が高く信頼性の高いネットワークが構築出来ます。

*「ポイント ツー ポイント」は2台のデバイスをペアリングで結ぶトポロジです。

Bluetooth Meshは数百、数千にも及ぶノードをサポートし、
(規格上は3万2000ノードまで)
主にビルオートメーション、スマートファクトリー、アセットトラッキング等で
活用が主に見込まれています。

またBluetooth Meshは、Bluetooth 4.0以降のコア仕様と互換性があり、
Bluetooth Low Energy(BLE)上で動作します。

既にBluetooth Meshを使って1000個以上の照明を制御するビルオートメーションを
実証実験的に構築しているBluetoothのメンバー企業もいるようです。

今後の加速化が見込まれ、動向に要チェックですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です