Bluetooth Classと通信距離の関係について


「BluetoothのClassってなんですか?」
「Class 1とClass 2の違いって?」
「Classと通信距離の関係って?」
この様な質問は良く聞く質問だと思います。

BluetoothのClassは電波強度によってClass分けされていて、
Class 1~3まで分類されています。

上記質問に対して簡単に理解するために下記表を掲載します。

bt class vs distance

この表を見るとRaytacのMDBTシリーズのBLEモジュールは非常に通信距離が長い事がわかりますね。

通信距離はビーコン用途等では特に導入コストに係わってくる重要な要素なので、
注目したい部分です。

 

 

*後日頂いた質問で「上記クラスの概念はBLEにも適用できるか?」についてですが、
Nordic Developer Zoneにて下記表の掲載がありましたので、参考に載せておきます。

Bluetooth Classと通信距離の関係について” への2件のフィードバック

  1. koh 返信

    BLEにclass規定を当てはめることは可能ですか?
    BT4.x仕様上でも明記されているのでしょうか。

    YESの場合、市場に出回っているBLEの主はどのclassに位置するのでしょうか。メーカ依存でしょうか?

    • YuIwadate 投稿作成者返信

      BLEにもClassの概念を当てはめることは可能かと思われます。
      一般的に市場に出回っている消費材において、電波法の技術適合マークが付与されているものであれば、主にClass 2かと思います。極端に通信距離が短い物(例えば1M程度)の記載であればClass 3の可能性もあります。
      BLEは消費電流を抑えた規格となっていますが、電波強度(通信距離)と機器の総合的な消費電流の関係は必ずしも比例していない(一概には言えない)とも言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です