Bluetooth コア仕様4.0 / 4.1仕様廃止に伴うユーザー様での注意点


昨日の記事「Bluetooth コア仕様4.1廃止予定」
2019年1月28日から移行猶予期間となり、
2020年7月1日で仕様廃止。という内容をお伝えしました。

今回はRaytacの対象モジュールのユーザー様において
注意しておかなければいけない点についてご連絡します。
また、最終的にはSIGに直接御確認されることを強くお勧めいたします。

■対象品番
(Nordic SoC)
nRF51822
*SoftDevice S110/S120/S310を利用の方

(Raytac モジュール)
MDBT40シリーズ
*MDBT40-P256V3,MDBT40-128V3, MDBT40-256RV3 等々

■すでにMDBT40シリーズで認証を受けた場合

(2020年7月1日以降にも出来ること)
引き続きBluetooth4.1製品としてロゴ使用可能です。

(2020年7月1日以降に出来なくなること)
MDBT40を使用してのBT4.1としてDIDを購入し認証登録することは出来なくなります。
また、オリジナルDIDに製品をBT4.1として追加することは出来なくなります。

(2020年7月1日までに済ましておく事)
もし、MDBT40を使用して新たな製品をオリジナルDIDに追加する予定がある場合は、
登録を完了しておいてください。(2020年7月1日以降は追加登録できなくなります)

(2020年7月1日までに間に合わない場合)
BT4.2 / BT5モジュールである、MDBT42QやMDBT50Qシリーズへの移行を進めてください。
または、MDBT40においてBT4.2の登録がRaytac側で完了しておりますので、
MDBT40をBT4.2としてお使いいただくことは可能です。
その場合は、別途お問い合わせください。

■これからMDBT40シリーズで認証を受けようと計画している場合
(2020年7月1日以降にも出来ること)
特に御座いません。

(2020年7月1日以降に出来なくなること)
Bluetoogh4.1として登録は不可能になります。
別途ご案内する方法(希望者において)にてBluetooth4.2にて
登録を進めてもらいます。

(2020年7月1日までに済ましておく事)
新たにDIDを購入いただき、認証プロセスを完了してもらう必要が御座います。

(2020年7月1日までに間に合わない場合)
同様にですが、BT4.2またはBT5モジュールへの移行を検討してください。

以上となります。
まだ一部情報が曖昧である部分が御座いますので、
直接SIGにお問い合わせ頂くのが間違いないかと思いますので、
本記事は参考程度でお願いします。

Bluetooth コア仕様4.0 / 4.1仕様廃止に伴うユーザー様での注意点” への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Raytac MDBT40シリーズモジュール BT4.2にてBluetooth ロゴ認証取得 – Bluetoothモジュール (BT4.0 & BT4.1 & BT4.2 & BT5)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です