Bluetooth市場 数字あれこれ(2018年更新版)


2018年 Bluetoothデバイスが総数で40億台の出荷が見込まれているなかで、
どの様なアプリケーションにどれだけ使用され、
今後どのようにそれぞれが増えていくのか?

今回はBluetooth SIGが報告したBluetooth市場に関する数字について
掲載していこうと思います。


■総数
まずはBluetoothデバイスの総数から。
綺麗な上昇線を描いており、傾斜角度が緩むことはありません。

 

1.技術別

■オーディオストリーミング
ワイヤレスヘッドセット、スピーカー、カーアクセサリーなど
BR/EDRとなります。

 

■データトランスファー
アクティビティートラッカー、スマートバンド
PCペリフェラル・アクセサリ等

 

■ロケーションサービス
ビーコン、インドアナビゲーション、アイテムトラッカー、スペースユーティリゼーション等
ブロードキャストトポロジ―によって開拓されたマーケットですね。

 

■デバイスネットワーク
スマートハウス、スマートビルディング、センサーネットワーク等
メッシュトポロジ―によって提供されるサービスですね。

 

 

2.市場別

■携帯・タブレット・PC
2018年の携帯・タブレット・PC総出荷に対して100%Bluetoothが搭載されているとのこと

 

■オーディオ・エンターテイメント
スピーカー・ヘッドセット・ゲームコントローラー等
スマートスピーカー市場は2022年までに3倍になるとのこと

 

■オートモーティブ
2018年に発表される新車の86%はBluetoothが標準装備らしいです。

 

■コネクティッドデバイス
スマートウォッチ、ロボット、スマートグラス等
スマートウォッチはまだまだ伸びる市場で、5年後には4倍にもなるようです。

 

■スマートビルディング
世界のトップ20に入るリテーラーのうち75%がすでに
ロケーションサービスを配備しているようです。

 

■スマートインダストリー
特にアセットトラッキングの伸びが期待されており
5年後には12倍の市場に拡大するようです。

 

■スマートシティー
2019年までに国際空港の84%がロケーションサービスを配備する予定
またアメリカの野球場の93%が同様に配備される予定

 

■スマートホーム
私のうちはそうではないですが…

如何でしたでしょうか?
どの切り口も同様に綺麗な上昇カーブが期待されています。
Raytacは少しでも上記予想に貢献できるように、
これからも使いやすいBluetooth モジュールを開発・提供していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です