海外無線端末持ち込みによる電波の利用について


日本国内で電波を利用する場合は、
技適マークがついている製品を利用しないと電波法違反と成り得る可能性がありますが、
海外から持ち込まれる無線端末も例外ではありません(でした。)
giteki mark

*無線端末例)スマホ・タブレット・ノートパソコン・携帯ゲーム機・Bluetoothヘッドセット等

上記で「でした」と過去形を括弧付けで記載したのは、
2016年5月21日より条件付きで利用できるようになりました。

その条件について今回は紹介したいと思います。

1.入国日から90日以内の利用に限る

2.WiFi端末に限っては、アメリカのFCC認証、欧州のCEマーク及びWiFi Allianceの認証を
受けているもので表示があるもの
例)
wifi mark

3.Bluetooth端末に限っては、SIGのロゴ認証を受けたもので表示があるもの
Bluetooth_FM_Color

4.利用できる電波の周波数帯は2.4GHz(屋内外)、5.2GHz(屋内)、5.3GHz(屋内)、
  及び5.6GHz(屋内外)に限る

以上の条件が合致している場合に利用可能となります。
海外からお越しの方がいらっしゃる場合はこの様な情報を共有してあげると安心ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です