位置精度大幅改善! Bluetooth 5.1


米国時間28日にBluetooth SIGより発表された新たな位置情報サービス「Bluetooth Direction Finding」がBluetooth 5.1に追加されることが発表されました。

まだよく読みとれていないですが、今迄の位置情報RTLS(Real-time Locating Systems)やIPS(Indoor Positioning Systems)と同様にRSSIをベースに三辺測量から位置を想定するのは同じ原理の様ですが、「Bluetooth Direction Finding」はその名の通り方向検知(角度検知?)が追加され、測定精度が大幅に改善されるようです!

勿論、RTLSやIPS同様に位置測定精度はフロアプランやビーコン配置の仕方・数などに影響はされますが、今までの1~10M誤差から数cmの誤差まで追い込めるようです。

数cmの誤差というのは、今迄RSSIが安定しないと不評だったBluetoothの短所を大幅に改善する新たなサービスとなるので、かなり実用途が広がり益々Bluetoothの市場が増えることが安易に期待されます。

対応デバイスはまだまだ先になるでしょうが、大いに期待したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください