なぜRaytacのBLEモジュールか?


Raytacのモジュールが支持されている理由は3つあります。

  • サイズ
  • 通信距離
  • 認証

 

  1. サイズ

日本を除くアジア地域の同モジュール(31ピン)において最小クラスを実現しています。(下記表参照)

 

Raytac BLE module vs Asian competitor1

2. 通信距離
MDBT40   : 80M以上 @ オープンスペース
MDBT40-P : 60M以上 @ オープンスペース

通信距離が長い事によって….
・基板設計時のレイアウトに気をかけすぎる必要はありません。
・安定的な通信を確立できる。
・消費電力の省電力化(出力を下げた場合)

 

3. 認証

(Bluetoothロゴ認証)
Bluetoothのロゴ認証を既に取得していますので、
Bluetooth SIGにてDIDを購入し、登録して頂ければすぐに使用できます。

*電波の利用は各国の安全規格・基準(日本においては総務省管轄の電波法等)が
ありますので、使用する国においてそれぞれ確認が必要となります。

MDBT40          : D023258
MDBT40-P    : D023258
MDBT40nano  : D025587

 

(取得済み各国の安全規格・基準)
FCC@米国      :   SH7MDBT40 (MDBT40)
TELEC@日本       : 204-430020(MDBT40)
CE RF Report @ EU : 1004754002(MDBT40)
NCC Report @ 台湾     : CCAF15LP0280T1
SRRC @ 中国       : CMIIT ID 2015DJ2435

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です