「Bluetoothロゴ認証」って?


Bluetooth機器であることを証明するためにBluetoothのロゴを製品に表示する必要がありますが、

それはBluetooth SIG(Bluetooth Special Interest Group。 Bluetooth無線技術推進の中心となっている

業界団体、認証団体)によるBluetooth 認証プロセスを合格した製品のみ使用することが出来ます。

 

*このBluetooth認証プロセスは2014年2月より大幅な変更が有りました。

 

Bluetoothの認証プロセスは大きく2つに分かれています。

(その前にSIGのメンバー登録が必要です)

 

  • 認証試験及び書類の作成

Bluetooth 無線技術を実装する全ての製品において、SIGが指定する適切な試験を実施し

合格しなければなりません。

その合格によって以降のプロセスで参照されるQDID(Qualified Design ID)を取得することになります。

 

■概要流れ

  • 認証プロジェクトの作成→テストプランの作成
  • 認証試験を実行(テストプランに沿って)
  • テスト結果をアップロード
  • QDID取得

 

 

  • 製品登録及び申告

Bluetoothを実装している全ての製品は、上記QDIDを参照した製品登録及び

DoC(Declaration of Compliance準拠申告)を完了しなければなりません。

 

■概要流れ

  • 申告ID(DID)の購入
  • 認証登録インターフェース(QLI)を使用し新規登録
  • 準拠申告(DoC)に署名

 

大まかな説明ですと以上の流れでBluetoothのロゴが表示できるようになります。

「Bluetoothロゴ認証」って?” への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Bluetoothロゴ認証においてのCo-BrandとWhite Labelingについて | Bluetoothモジュール (BT4.0 & BT4.1 & BT4.2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です